企業の欲しがる人材と就職活動

就職のために面接をしたが、お互い言葉の違和感を感じた。標準語で話すようにしたが止め、方言の意味を確認している。

企業の欲しがる人材と就職活動

他県での就職の難しさ

私は妻と結婚した事をきっかけに地元を離れ、妻の地元で暮らすようになりました。生活をしていくには仕事をしなくてはいけないので、妻の母親の紹介で今の就職先で働く事になりました。もちろん履歴書を書き、面接を受けてから採用となったのですが、面接の時から少し違和感を感じていました。それは言葉の違いでした。イントネーションや方言の違いでお互いに変な違和感を感じていたようでした。面接官の方も「そのうち慣れるよ」と言ってくれましたが、私も少し不安を感じていました。

もしかすると言葉の違和感で、からかわれたり笑われたりしないかと考えてしまいました。できるだけ標準語で話そう!と考えていたのですが、やっぱり普段の言葉遣いになってしまいました。職場の人も気にはなったようですが、新鮮で面白い!と興味を持ってくれました。とりあえず安心して、それからはあまり気にせずに話すようになりました。

お役立ちサイト



Copyright(c) 2017 企業の欲しがる人材と就職活動 All Rights Reserved.