企業の欲しがる人材と就職活動

就職活動で勝ち残っていくために、何に心掛けたら良いのか、どういうアピールをすれば良いのかをまとめてみました。

企業の欲しがる人材と就職活動

就職活動で心がけること

就職活動は大変です。でもその大変な中で勝つための心がけを書いていこうと思います。まず、就職活動で迷った時は、丁寧な方を選びましょう。例えば履歴書ですが、手書きとパソコンであれば、手書きを、白い封筒に入れるのとクリアファイルに入れるのとでは、白い封筒を、郵送する時に添え状をつけるかつけないと考えるなら、つける方を選択しましょう。採用担当者によってはそんなことをしても変わらないかもしれません。でも採用担当者の感じ方も人それぞれ。迷うくらいなら、丁寧なことをしておけば間違いありません。また、自己紹介と志望動機は、面接で必ず聞かれる項目ですので、事前にしっかり答えられるように準備しておきましょう。社会に出ると誇張して答えることなんて当たり前のことです。プレゼンや広告でも商談でも実際より立派に見せる演出はをするのが普通になっています。これは社会人になる一歩と考え、堂々と誇張して話しましょう。嘘でなければ大丈夫です。

基本的にほとんどの面接はオーソドックスで、質問される内容も検討がつくので準備しやすいです。ですので、準備をしっかりして、自分の答えに自信を持って面接官にに伝えることが大切です。いかに面接官に一緒に働きたいと思わせるかがポイントですので、自分の意欲や熱意をぶつけて、一緒に働きたいと思ってもらえるように伝えましょう。就職活動は複数を同時進行させても問題ありません。1日に数社も受けるくらいの方が緊張も薄らいで良いかもしれませんね。

もしも自分が就職を希望する会社やその業界のアルバイトが見つからなくても、アルバイトを通じてコミュニュケーション能力を養うことができれば、それだけでもかなり面接に有利になります。面接時に笑顔を出すことは、難しいことです。接客業をしてより多くの人と話し、笑顔を作ることがきることは、業界に関係なく必要なことですからね。

お役立ちサイト



Copyright(c) 2017 企業の欲しがる人材と就職活動 All Rights Reserved.