企業の欲しがる人材と就職活動

就職に有利な事柄というもの存在せず、どれだけ良い経験をして苦難を乗り越えてきたかをアピールする事が大切です。

企業の欲しがる人材と就職活動

就職に本当に有利な事

就職に有利とされている事柄は多数存在します。大学が一流大学である場合や、有名な企業でアルバイトをしていた等の様々な経歴が挙げられます。しかし、面接を受ける企業によってはそういった事は全く考慮しない企業も存在します。

この様な経歴によってもたらされる有利な事は、良くて一般常識があると判断される程度です。これも一流大学を出ているからと言って一般常識があるとは限らないので、企業によっては全く役に立たない経歴となります。こういった経歴を重視しすぎて人間としての能力のアピールを面接で出来ずに不採用になる人は後を断ちません。面接で本当に有利な経歴というのは、同じ職種でアルバイトをしていたということです。これは会社に入っても即戦力になれるというアピールに繋がります。ここで大切なのはそのアルバイト先で自分がどの様な事を成し遂げて成長出来たのかという事を、自分を見つめ直して考えておく事です。その事を余す事無く面接官にアピールする事が出来れば、他の就活生よりも一歩先を行く事が出来ます。面接官によってどういった事を重視するのかは変わってきます。しかし、経験や自分の成し遂げてきた事や熱意を伝えるということは、どんな面接官が相手であってもとても大切な事です。これが出来るかどうかが採用と不採用の分かれ道です。そして、第一印象と喋り方です。第一印象は明るく爽やかな印象が好まれます。喋り方も熱意によって熱くなりすぎないように、しっかりとした言葉を使います。

ですが、イントネーションの違いは慣れたのですが、方言の違いはまるで英語を覚えるような感覚でした。徳島県の方言で「かいて」という言葉があるのですが、この意味は「持って」という意味なのですが、それが分からなかった私は書き物をするのか?背中でもかいて欲しいのか?と困惑してしまいました。後から意味を聞いて納得できたのですが、他県で就職したのはいいけれど言葉の違いは難しい!と改めて感じました。住み始めて10年以上経ったので、さすがに今は慣れていますがたまに分からない方言があったりします。何となくニュアンスで分かりますが、後で妻に確認してしっかり覚えるようにしています。

お役立ちサイト



Copyright(c) 2017 企業の欲しがる人材と就職活動 All Rights Reserved.